FishOn@ブログ

★ 剥製披露パーティー ★
IMG_20151113_184727.jpg


一生に一度の大物を釣ったら...
そんな夢を叶えたら...

写真や魚拓は勿論ですが、
剥製にして記念に残すというのも釣人の夢です。

剥製は費用も時間もかかります。


私の友人は今年の5月、立て続けて2枚のトロフィーサイズの口白石鯛を釣り上げたのです。






IMG_20151113_184810.jpg

IMG_20151113_184822.jpg

そして、 「 熊本KKRホテル 」 にて、剥製披露パーティーが開催されました!

私も出席させていただきました。







IMG_20151113_184741.jpg

会場には写真や魚拓も飾られていました。

綺麗な魚拓に素晴らしい剥製が完成していました。








IMG_20151113_192450.jpg

会場には大勢の釣友がお祝いに集まっていました。








IMG_20151113_200740.jpg

IMG_20151113_201403.jpg

勇壮な山鹿太鼓も披露されて、場を盛り上げてくれています。





もちろん、豪華なコース料理とお酒が振る舞われていました。







IMG_20151113_192721.jpg

IMG_20151113_193259.jpg

IMG_20151113_193857.jpg

IMG_20151113_194410.jpg

IMG_20151113_195341.jpg

IMG_20151113_200710.jpg

IMG_20151113_200949.jpg

IMG_20151113_203631.jpg

IMG_20151113_204409.jpg

どれも、とても美味しかったです。







IMG_20151113_203402.jpg

そして、一番、盛り上がったのは、大抽選会です。(笑)

豪華な景品が並んでいます!







IMG_20151113_203357.jpg

IMG_20151113_204247.jpg

抽選はビンゴゲーム!

くじ運の悪い私には、かすりもしませんでした。(笑)



Iさん、おめでとうございました。
ありがとうございました。

ますますお元気でご活躍を祈っています...





IMG_20151113_194926.jpg


スポンサーサイト

★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

【2015/11/15 09:54】 | 磯釣り | コメント欄へ(0)
ワイヤー式ストリンガーでブランチハンガーの絶対外れない装着方法!
10090002-1_20140718130229911.jpg

最近、石鯛釣りの話題でストリンカ゛ーから魚が外れたという話をよく聞きます。

石鯛釣りでは釣った魚を海に活かしておくのですが、ワイヤー式のストリンカ゛ーがよく使用されます。
しかし、ワイヤーを通したり外したリを簡単に行うために、色んな工夫がされています。

IMG_2569.jpg

その中でも”ブランチハンガー”というステンレス製の金具を利用している物が多く見られます。

IMG_2581.jpg

このブランチハンガーはトローリンク゛などの仕掛けに使用されるもので、
正しい使用方法は仕掛け(枝)をロープ(本線)などに脱着するためのもので、
構造上ロープに繋いだ位置がずれないという利点があるのです。

カラビナやスナップ金具類、全てにいえることですが、
金属同士の接続では、簡単に外れてしまうということです!


IMG_2570.jpg

ですから、このブランチハンガーにワイヤー式ストリンカ゛ーのチチワを上のように通すと、
石鯛が暴れたり波にもまれるうちに外れてしまうのです。

最近はリンク゛を入れたり、
ビニタイなどの結束バンドで止めたり、
スナップ部分をカットしたり、
外れ防止策が色々と紹介されています。



今日は私が行っている、絶対に外れないワイヤーの通し方をご紹介いたします。
知恵の輪のようで、なかなかマスターしにくいかも知れませんが、
何度も繰り返し、練習して覚えてください!



IMG_2571.jpg

①まずブランチハンガーを上の写真のように持ち、下からワイヤーのチチワを2本のステンレスの間に通します。


IMG_2572.jpg

②次に下からスナップ部分を押し上げます。


IMG_2573.jpg

③押し上げたスナップのU字部分にワイヤーのチチワを潜らせます。



IMG_2574.jpg

④そしてスナップを戻して、ワイヤーを下に引っ張ると、ワイヤーは中に通ります。


IMG_2575.jpg

上のようにワイヤーが通せればOKです。



IMG_2576.jpg

魚の下あごかエラに通した、もう一方のチチワも同じように接続します。



IMG_2577.jpg

こうすれば、どんなに魚が暴れても外れることはありません。


知恵の輪と同じですが、入れる時よりも外す時の方が難しいらしいです。
外す時は逆にすれば良いのですが、

IMG_2578.jpg

①まずスナップを下から押し上げます。



IMG_2579.jpg

②押し上げたU字部分にワイヤーのチチワを逆向きに潜らせます。



IMG_2580.jpg

③そして下に引き抜けば、簡単に外れるはずです。



また、60cm以上の大型魚はもう一本二重にストリンカ゛ーを掛けておくのが安心です。
もっといえば、釣った後は海に活かさないで、絞めてクーラーボックスに入れておくのが安心です。

どんな、強いストリンカ゛ーであっても、海に入れてしまえば100%逃げないという保証はありません。


また、なにより魚が気になって、その後は、まず釣りにならないでしょう...(笑)



PB240011-1_20140718130232b23.jpg





★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 
【2014/07/18 13:46】 | 磯釣り | コメント欄へ(2)
「あじか磯釣りセンター 第13回五島列島石鯛釣選手権大会」
20120608-7


昨日は「あじか磯釣りセンター」さんの、石鯛釣り大会に参加してきました。
この大会に参加するのも実に4年ぶりです。

今回は寿石鯛のKさんとペアーでの参加です。

前夜の23時に受付を済ませ、抽選により「ブラックヘリオス」の6番目の乗礁です。


20120608-2


午前0時過ぎに荷物を積み込んで、いざ出航です。
南船長操船のヘリオスは上五島の小値賀へ向かいました。

20120608-10


べた凪の海を一時間半ほどで、帆揚瀬へ到着です。

20120608-3


我々は帆揚瀬のスベリへ乗礁しました。
船着き場と先端に割れ(海溝)が沖へと伸びています。

夜明け前の潮止まりに撒き餌のウニガラをよく潰して、半分ほど巻きます。
水深は14~20m、底の方はエサ盗りも居ません。

私は先端の浅くなった棚の駈け上がりを狙いました。

20120608-6

Kさんも、船着き場の高台から頑張っています。

餌はサザエとガンガゼを準備しています。

20120608-4

20120608-5


まずはサザエから、殻を割って2個装着します。

時々、エサ盗りがアタリますが、本命らしきアタリはありません。

潮は上げ潮が動き出し、正面から潮が当たっています。
絶好の時合いです。

食べ残しの堅い部分はそのまま付けたままに、1個ずつ追加して打ち返しを続けます。

カウンターは14.5m。

そして、6時過ぎに、オモリが落ちるような、ゆっくりとした”モソモソ”っとしたアタリが!

石鯛です!

すかさず、送り込みの体制をとって、竿先を下げていきます。
なかなか、走りませんが、モソモソっとしたアタリは続いています。

少し間をおいて、”モソモソ”が”スゥー”っとした、引っ張るようなアタリに変わりました。
水際まで体を乗り出して、更に竿先を下げて走るのを待ちます。
すでに竿の半分は海中です。

数秒だったのか数十秒だったのか...

そして、いよいよ、そいつは走りました。

ミシミシっと、ズズーンっと、なかなか言葉では言い表せませんが、
この舞い込む(走る)瞬間が最高の瞬間です。

重量感が竿から腕、そして背中まで伝わります。

そして思い切りアワセると、強烈な締め込み始まりました。

水面に現れたのは”ギンワサ”

何度も打ち返し、持ち竿でアタリを待つ。
前アタリから送り込み。
そして走る瞬間。

これぞ石鯛釣りの醍醐味です。

20120608-1


そして、あと1枚!
と二人で緊張感が途切れることなく、納竿の12時まで頑張りましたが、石鯛のアタリはありませんでした。

港に戻り、検量してみると

20120608-8


それから、温泉に入って汗を流し、

20120608-9


最近、9階建ての新館がオープンしたばかりの、
「サムソンホテル」で、表彰式と懇親会です。

20120608-11

表彰式会場には沢山の豪華賞品です。

いよいよ、表彰式の始まりです。

20120608-12

優勝は福江島で出た66cmです。
私はお陰様で6位入賞させていただきました。

そして、懇親会の開宴です。

20120608-13


豪華な料理と沢山の飲み物が振る舞われました。

いよいよ、もれなく景品が当たる、お楽しみ抽選会とじゃんけん大会です。

20120608-14


Kさんも、空気清浄機を釣り上げました!

私もじゃんけん大会で石鯛竿をゲットです。

20120608-15


そして
福岡へ戻り、いつもの居酒屋で、みんなで石鯛を!

久しぶりの石鯛は釣って良し、食べて良し、

石鯛釣も、やっぱりいいですね。

お付き合いいただいたKさん、行き帰りの運転まで、ありがとうございました。

★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2012/06/08 11:45】 | 磯釣り | コメント欄へ(0)
ついでに、D・I・Yのお話
20110325-1

炎月タングステン用のフックピンやビンビン玉用の誘導アダプターを制作するには
手先が器用じゃないと出来ない?

そんなことないですよ。

釣りの費用もバカになりません。
安く出来る物は自分で作ってみましょう。

手作りのものは大切にしますし、ハンドメイドも趣味の一つですよ。

例えば「丸ペンチ」これは無くても大丈夫です。

変わりに何を使うか?
金属の丸棒なら何でもOKです。
ドリルのキリ、ビス類、ヤスリ、パイプ、針金、電線...

慣れないと、手に豆ができたり怪我したりしますから、
最初は革手袋や軍手をして作業することをお薦めします。

私は、石鯛釣り用の「ラセンサルカン」や「誘導天秤」、「ウニ通し」などは自分で作っています。

ステンレスのハード線も昔はカットしてもらってキロ売りでしたが、
今ではカットした物が釣具店で売ってます。

それでは「ラセンサルカン」の作り方をお見せします。

材料は線径0.8~1.0mmのステンレスのハード線です。
それと、アルミか銅製のチューブ。
私はエアーチューブ用のジョイントパーツを使用しています。
外径が2.6~3.0mmの金属製のチューブなら、どれでも大丈夫ですよ。
模型飛行機用のニューム管でもOKです。

20110325-3


まず、ハリスワイヤーの接続部分を加工します。
丸でも、三角でも、好みでOKです。

20110325-4

20110325-5


次にラセンのコイル部分ですが、ここはちょっとコツが必要です。
まず90度横に曲げて、チューブを差し込んで曲げたステンレス線を
チューブに巻いていきます。
はじめは歪になると思いますが、後で修正できます。

20110325-5

20110329-1

20110329-6


4回ほど巻いてカットします。
そしてサルカン側は、ちょっと難しいかな?

20110329-2

20110329-4

20110329-5


小さな輪っかを作ってからサルカンを通して巻き込みます。

20110329-7

20110329-8


余分な部分をカットして完成です。
コンパクトなラセンサルカンの出来上がりです。

20110329-8

20110329-9

20110329-10


そして、同じように大きめのリングの作り方は
ドリルのキリなどを治具に使用します。
怪我しないようにビニールテープ等で保護します。
ハード線は跳ね返りも強いですから、作りたい径よりも若干小さめの治具を使用します。


20110329-11

20110329-12


少し練習すれば、天秤も出来ますね。

最近、流行の天秤なんかも自作すると楽しいかもしれません。

「こんなに大変なら買った方が安い!」

そうです!買った方が安い場合もあるんです...(笑)

★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2011/03/25 15:54】 | 磯釣り | コメント欄へ(0)
たまらん動画発見! 石鯛釣師必見!!
昨夜は釣り具の整理や、テレビ見てゆっくりしてました。

そして何気なくPCのYouTubeのマイ動画をチェックしていたら、
お薦め動画が目に飛び込んできました。

タイトルもビックリしましたが、
再生してみて、つい身を乗り出して見入ってしまいました。



こりゃ、たまらん!!
もう、こげな動画見せられたら、行きたくなります。

たまらん、つい興奮して行ってしまいます!(笑)



それが、この動画です。








★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

【2011/03/11 11:49】 | 磯釣り | コメント欄へ(2)
| ホーム | 次ページ
FishOn福岡

【FishOn福岡】を見てみる?
FishOn

QRコード

QR

プロフィール

バナー
【FishOn@です...】

  • 分類 オヤジ
  • 年齢 不詳?
  • 性別  ♂
  • 星座 乙女座
  • 生息 福岡市
  • エサ 芋焼酎
  • 特技 手品・料理
------------------------------
FishOn@にメールする

タイドグラフ

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
------------------------------

ネクタイ型紙ダウンロード

型紙をコピーしてシートに貼付カットすればOK 無駄なくネクタイが切り取れます。

ブログカウンター

最近の記事とコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ご案内

 【FishOn@ブログ】は日記のようで
  日記です。釣行記やグルメや焼酎
  のお話しから色んな話題を気まま
  に書いています。あしからず。

------------------------------
  • 釣場名は原則的に公開です。
  • 個人名や企業名等は非公開の場合もあります。
  • グルメレポートの味覚についてはFishOn@の勝手な感想です。
  • 画像はクリックすると拡大します。
  • FishOn@ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
  • 相互リンクはご希望に添えない場合があります。
------------------------------

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ