FishOn@ブログ

焼き鳥一番、 鳥めし二番
tori6我がグルメ道の合格基準は何と言っても「美味い・安い・速い」にある。
そんなお店を紹介しているつもりなのだが、一つ大事なお店を忘れていた。
20年以上通っている、佐賀県は伊万里市にある「ドライブイン鳥」である。
ここは焼き鳥で有名なのだが、ここの焼き鳥はブツ切りの鳥肉をガスコンロで焼いて食べるだけなのだ。
それが不思議と病み付きになるほど美味しいのだ。
私が最初に訪れたのは、有田焼の仕事に携わっていた20代前半の頃、お客さんに昼食に連れて行って貰ったのがきっかけだった。
有田から武雄を抜けて車で30分位かけてわざわざ連れて行ってもらった。

スポンサーサイト
》》》 続きを読む 》》》
★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:変な食べ物 - ジャンル:グルメ

【2006/06/26 23:29】 | 旅行・グルメ・お店・料理 | コメント欄へ(0)
ブランド 『佐世保バーガー』
bigman1ハンバーガーといえば”マック”がポピュラーだが、九州にはブランドの人気ハンバーガーがある。
一つは佐賀県唐津市にある「唐津バーガー」、そして佐世保にある「佐世保バーガー」
「唐津バーガー」は唐津市にある(有)研の登録商標である。
バスの中で調理して車の中で食べるそのスタイルは今や虹ノ松原の名所になり支店も多い。
そしてハンバーガーの伝来の地といわれる佐世保市内に数店舗あるハンバーガーのお店が
個性あるハンバーガーを生み出し、今や総称を「佐世保ハンバーガー」というブランドになりつつある。
佐世保といえば基地の街であるから米国人の食べ物がいち早く浸透したのも頷ける。
昭和25年頃、外国人バーや米軍の基地の外にハンバーガーショップが立ち並び、いつしか佐世保の名物となっていったのである。
》》》 続きを読む 》》》
★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

【2006/06/26 22:45】 | 旅行・グルメ・お店・料理 | コメント欄へ(0)
憧れの磯、五島灘 「江ノ島の三ツ瀬」
mitsuse1以前から飯塚の先輩K氏と「平日に江ノ島に行きましょう。」と良からぬ作戦を立てていた。
そして目的地は江ノ島の南側の名礁群。
江ノ島は五島灘のど真ん中に点在する、大型石鯛の宝庫として有名である。
以前は本島から渡船をチャーターしての釣行だけだったが、南側の瀬群が解禁になって、専門の直行瀬渡し船「健栄丸」が就航して一躍脚光を浴びた。
中でも「三ツ瀬」は干潮時間帯の凪の日にしか乗礁出来ない幻の名礁で、過去には70cm級の大型石鯛が数多く記録されている。
今年はまだ大型が釣れたとの情報は無いが、狙うは一発。70cm級を求めて4人のキチガイが集結した。
昨日のワールドカップ初戦の悔しさで寝不足の頭はまだボーっとしていた。
早朝2時に佐世保市針尾の「健栄丸」渡船場に到着して、ベタ凪の海を滑るように江ノ島を目指して出港した。
》》》 続きを読む 》》》
★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:日記とみせかけて日記 - ジャンル:日記

【2006/06/16 02:59】 | 磯釣り | コメント欄へ(2)
久々の60オーバーの石鯛!
ose61201磯釣りは早朝からと決まっているのだが、最近は昼から夕方にかけての釣りにはまっている。
特に夏場は寝不足で早朝から磯や防波堤に立つと、もう9時には限界がくる。
釣れればいいがアタリも無ければ、暑さと眠さで12時納竿となってしまう。
帰りの居眠りも心配だし、帰ってからの疲れもピークに達し、道具を片づけるどころではない。
しかし朝ゆっくり寝て、昼から乗礁するとまるで状況が変わってくる。
勿論、乗礁したときは炎天下のお昼時なので、荷物の積み降ろしで汗びっしょりになってしまう。
しかし、その後は段々と気温も下がり、心地よい風も吹いてきて、汗も引いてくる。
食事を済まして乗礁すれば、お弁当も要らないし、荷物も少なくて済む。
何より釣り客がお昼頃に帰ってしまうので、休日でも釣人が少なくなるのがいい。
ゆっくりと夕まずめを釣ることが出来るのだ。


》》》 続きを読む 》》》
★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:日記とみせかけて日記 - ジャンル:日記

【2006/06/14 23:31】 | 磯釣り | コメント欄へ(0)
『ラブメイタ杯・博多湾ちぬ釣り大会』
love1201この大会も12回目を迎える。
ラブメイタ?それはメイタ(チヌの幼魚)を愛する釣り人が釣り人の手でメイタを増やそう。を合い言葉に始めた放流事業である。
その一年に一度のイベントがこの釣り大会である。

博多湾「沖の防波堤」で開催されるこの大会は、釣り方は問わないというもので落し込み・ウキ釣り・投げ釣り・ルアーなど何でも有りである。
そして大会参加費の1,000円はメイタを守る会の会費として全額放流資金にまわされる。
スタッフは全てボランティア。そして賞品は全て協賛で賄われている。

毎回200人以上が全国から集結するこの大会は、毎年6月の第2日曜日に開催されるのだが、梅雨のまっただ中だというのに悪天候による中止は一度もない。
それどころかどしゃ降りの雨の中での開催は12年の歴史の中で過去一度だけである。
この強運と賛同して協賛していただいているメーカーや釣具店さまやボランティアの大会スタッフと釣人の情熱にささえられた大会である。
》》》 続きを読む 》》》
★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:日記とみせかけて日記 - ジャンル:日記

【2006/06/11 23:46】 | チヌ(落し込み)釣り | コメント欄へ(0)
なんと半額! 知っていると便利。ETC通勤割引!
dazaifuic高速道路のハイウェイカードが無くなり、ETCカード装着車が、かなり普及してきた。
ETCの利点は何といっても料金所の混雑時にスムーズに通過出来るところにある。
更に各種割引があって随分お得になっている。
深夜割引・通勤割引・マイレージ割引などがあるが、その中の通勤割引をご存じだろうか?
朝夕の2回それぞれ一度だけ、100km以内なら50%の割引が受けられる。
朝は6:00~9:00まで、夕方は17:00~20:00の間に入るか出るかすればいい。
しかし、この100km以内というのが問題で、100kmを超えてしまうと適用を受けられないので、割引を受けようとすれば一度100km未満で、料金所を出ないといけないのである。
この一度出て入り直すという行為は大変危険なのだが、通勤割引の名前のとおり、毎日往復で割引が受けられるのだから、やらない手はない。
料金所の中には出てすぐUターン出来るところもあれば、完全に一般道に出て入り直さなければいけない料金所もある。
十分注意して出入りして欲しい。ただ、決して料金所のゲート手前で時間待ちだけはしてはいけない。駐停車禁止なのだから。
もちろん、そこから入り直せばそれから先は通常料金なのだが、100kmといえば通常料金は¥2,700だから、最高で一回に¥1,350の割引が受けられる。


》》》 続きを読む 》》》
★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:つぶやき。。。 - ジャンル:日記

【2006/06/07 14:24】 | 日記・独り言 | コメント欄へ(0)
| ホーム |
FishOn福岡

【FishOn福岡】を見てみる?
FishOn

QRコード

QR

プロフィール

バナー
【FishOn@です...】

  • 分類 オヤジ
  • 年齢 不詳?
  • 性別  ♂
  • 星座 乙女座
  • 生息 福岡市
  • エサ 芋焼酎
  • 特技 手品・料理
------------------------------
FishOn@にメールする

タイドグラフ

カレンダー

05 ≪│2006/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
------------------------------

ネクタイ型紙ダウンロード

型紙をコピーしてシートに貼付カットすればOK 無駄なくネクタイが切り取れます。

ブログカウンター

最近の記事とコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ご案内

 【FishOn@ブログ】は日記のようで
  日記です。釣行記やグルメや焼酎
  のお話しから色んな話題を気まま
  に書いています。あしからず。

------------------------------
  • 釣場名は原則的に公開です。
  • 個人名や企業名等は非公開の場合もあります。
  • グルメレポートの味覚についてはFishOn@の勝手な感想です。
  • 画像はクリックすると拡大します。
  • FishOn@ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
  • 相互リンクはご希望に添えない場合があります。
------------------------------

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ