FC2ブログ
FishOn@ブログ

★ 電動タイラバの奨め ★
DSCF3121.jpg

最近はよく見かける電動リールを使ったジギングやタイラバです。

電動リールを使い始めたのは、深場の回収時だけ労力を軽減するためでした。
当然、巻き上げは手巻き、やり取りも手巻きでした。

それが、小型電動リールの進化により、
全て電動で操作できるようになりました。

特に冬場は手が凍えて辛いのですが、
電動なら楽チンです。

最近の小型電動リールはパワーもあるので、青物とのやり取りも可能です。



それでは電動リール(フォースマスター400)を使ったタイラバの操作方法をご紹介します。




DSCF3123.jpg


★底取りは簡単!音で判ります!

フォースマスターにはSとRモードがあります。
Sは速度一定モード、Rはテンション一定モード(楽々モード)です。

タイラバにはRモードが最適です。

使用するのは殆ど遊動式のタイラバだと思いますから、
ヘッドがフックやネクタイから離れてV字落下して絡まないように、
落とし初めの20m位は指でスプールを押さえながら(サミング)抵抗を与えて(テンションフォール)落とします。
20m位で一度止めてやるのも一つの方法です。

そして落下しているときに、スマートダイアル(スピードコントロール)を8位にセットしておきます。
※着底してからスピードを合わせていては、大事な着底直後のアタりを逃してしまいますよ!


すぐにモーターが”ウィーン”と回転し始めますが、スプールは逆転しているためにモーターは低速(アイドリング)になり静かになります。



そして着底してスプールが逆転しなくなると、
”ウィーン”と巻き上げを開始し、モーター音が着底を教えてくれます。

着底したら、ハンドルを回してクラッチをONにします。
すると一瞬高速で回転し、糸ふけを取ってくれて、
その後スマートダイアルで設定してある定速で巻き上げを開始します。

これは便利な機能ですよ!

そして、ここはと思う棚まで巻いたら、そのままスプールを軽く押さえてクラッチを切り、再度、仕掛けを底まで落とします。

この時にバッククラッシュすることがあるので、あまりバッククラッシュするようなら、メカニカルブレーキを少し締めて調節してください。


後は、スマートダイアルはそのままで、同じ動作の繰り返しです。


※電動リールによっては、この巻きスピードを設定したまま(モーターが回転したまま)のクラッチのON/OFFを
ギアの破損を招くということで禁止しているものもあります。注意が必要です。



★アタりも音が教えてくれます!

魚がアタックしてくると、モーターがテンションを一定に保とうとしますから、
ラインが止まったり、出されたりすれば勝手に巻き上げてくれます。

これが不思議と追い食いを誘ったり、自動的にアワセになっていたりします。

手巻きではこうはいきません。
どうしても、アタりがあると手が止まってしまいます。

”ウィン・ウィン・ウィーーン”とアタりを音で教えてくれるのです。





★やり取りも電動で!

魚とのやり取りは一番の醍醐味ですが、
無理なポンピングやロッド操作はテンションが緩んで、バラシに繋がります。

そのまま電動で十分に巻き上げが可能です。

実際に水深120mからの7Kgオーバーの鯛でも、楽勝です。


電動リールには一番パワーのある巻きスピードがあります。
フォースマスターの場合は12~15位です。


PEラインが1号以上・リーダー4号以上なら、
フルドラグで10kクラスの青物でもラインが切れることは滅多にありません。


魚の乗ったことを確認したら、ドラグはそのままで、
初めは巻き上げスピード(スマートダイアル)を18位で巻き上げてみます。

落ち着いて、ラインの出方から魚を見極めて、
徐々にドラグを締めていきます。


大型魚の場合は、巻き上げスピードを一番パワーのパワーのある13~15にセットしたまま、
ドラグ操作だけでやり取りします。


この時、ロッドは水平くらいで竿の弾力が残った状態でやり取りします。
あまり下げすぎると、ラインは一直線になり、ドラグが滑りやすくなります。

逆に立てすぎると、魚に走られたり、テンションが抜けてバラしやすくなります。

鯛の場合は、ある程度から簡単に自分で浮き上がり、沖の方でボカッと浮きます。


大型の青物の時は、スピード12ぐらいで、ドラグをギリギリまで締めて、
逆にロッドを下げて一直線にして、魚に反転する隙を与えないように、
強引に巻きあげます。

意外に簡単に浮いてきますよ!


青物は船の陰に入るのを嫌がります。
特にあと15m位になると急に横走りしたり、船の下へと突っ込みます。

ここではロッドを回して魚の走る方向を沖へと誘導してやります。






★最適なスピードは”7~10”底付近は遅く、中層は早く

一番肝心な巻きスピードですが、フォースマスターのスピード表示は意外にラフです。
同じ8でも微妙に違います。

ただ、私は今まで一番ヒットしているのは9です。
その次は8、10、といったところです。


この辺の低速がもう少し細かく設定できれば最高なのですが...







★糸巻き学習は定期的に!

釣りをしていると、電源コードが外れたり、高切れしたりします。
その度にゼロセットし直すのですが、ラインの水深表示は元通りになりません。

やはり、釣りが終わってラインの塩抜きするときに、
別のリールにラインを全て巻き取って、学習設定をし直す必要があります。



DSCF2254-1_20141219135519173.jpg
スポンサーサイト




★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

【2014/12/19 14:09】 | タイラバ・ジギング | コメント欄へ(4)
| ホーム |
FishOn福岡

【FishOn福岡】を見てみる?
FishOn

QRコード

QR

プロフィール

バナー
【FishOn@です...】

  • 分類 オヤジ
  • 年齢 不詳?
  • 性別  ♂
  • 星座 乙女座
  • 生息 福岡市
  • エサ 芋焼酎
  • 特技 手品・料理
------------------------------
FishOn@にメールする

タイドグラフ

カレンダー

11 ≪│2014/12│≫ 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
------------------------------

ネクタイ型紙ダウンロード

型紙をコピーしてシートに貼付カットすればOK 無駄なくネクタイが切り取れます。

ブログカウンター

最近の記事とコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ご案内

 【FishOn@ブログ】は日記のようで
  日記です。釣行記やグルメや焼酎
  のお話しから色んな話題を気まま
  に書いています。あしからず。

------------------------------
  • 釣場名は原則的に公開です。
  • 個人名や企業名等は非公開の場合もあります。
  • グルメレポートの味覚についてはFishOn@の勝手な感想です。
  • 画像はクリックすると拡大します。
  • FishOn@ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
  • 相互リンクはご希望に添えない場合があります。
------------------------------

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ