FishOn@ブログ

■ 上海蟹ツアー ■
P_20171103_152140_vHDR_Auto-s.jpg

そしていよいよ今回の旅行の目的、 「 上海蟹 」 食べ放題へ...

”上海蟹” は日本に生息している ”モクズガニ” の近似種で生態も味も似ていますが、中国では高級食材として人気の蟹です。







P_20171103_135853_vHDR_Auto-s.jpg

P_20171103_135949_vHDR_Auto-s.jpg

無錫から車で、蘇州へ移動です。

陽澄湖のほとりを移動します。
沿道や湖畔には、やたら蟹の文字やイラストが出てきました!

さすが蟹の街です。

そして、陽澄湖のとある港から船で移動です。








P_20171103_140505_vHDR_Auto-s.jpg

え!!大丈夫なの?
と不安になりそうな、小さなグラスボートで約10分。

対岸の島へ渡ります。







P_20171103_140922_vHDR_Auto-s.jpg

P_20171103_140949_vHDR_Auto-s.jpg

【島中蟹庄】 ここがお店のようです。

穴場中の穴場という感じです。(笑)


【お店のデーター】
住所: 蘇州市湘城区陽澄湖蓮花島100号
電話: 0512-65446251
営業時間: 不明






P_20171103_141019_vHDR_Auto-s.jpg

P_20171103_141026_vHDR_Auto-s.jpg

水槽の中には上海蟹が沢山!!







P_20171103_141055_vHDR_Auto-s.jpg

上海蟹は料理する前に蟹同士が暴れて足が取れないように、紐で縛ってあります。

そして最も美味しい食べ方は蒸して食べるのだそうです。






P_20171103_141404_vHDR_Auto-s.jpg

蒸し上がるまでにも、色んな料理が出されます。

さっそくビールで乾杯!!







P_20171103_141516_vHDR_Auto-s.jpg

鶏肉の煮物! 
絶品でした。





P_20171103_141520_vHDR_Auto-s.jpg

殻付きの塩茹で卵






P_20171103_141552_vHDR_Auto-s.jpg

川海老に落花生







P_20171103_141626_vHDR_Auto-s.jpg

鮒のような淡水魚の甘酢あんかけ






P_20171103_141913_vHDR_Auto-s.jpg

トウモロコシ







P_20171103_142225_vHDR_Auto-s.jpg

タニシ!







P_20171103_142740_vHDR_Auto-s.jpg

P_20171103_142743_vHDR_Auto-s.jpg

ゆり根や空心菜などの煮物





P_20171103_142748_vHDR_Auto-s.jpg

鶏肉の蒸し料理





P_20171103_142839_vHDR_Auto-s.jpg

鳥スープ!

出される料理は全て美味しいんです。
食べれないものは無く、むしろ癖になりそうな味付けでした。







P_20171103_143102_vHDR_Auto-s.jpg

いよいよ、上海蟹の登場!!

待ってました...






P_20171103_145216_vHDR_Auto-s.jpg

雄と雌はお腹の”フンドシ”の形が違います。

下の丸くて大きい方が雌、上の細長い方が雄です。






P_20171103_152402_vHDR_Auto-s.jpg

個体は雄の方が大きくなり、ハサミもデカくなります。







P_20171103_143141_vHDR_Auto-s.jpg

P_20171103_143434_vHDR_Auto-s.jpg

食べ方はフンドシを外して、甲羅を剥がします。

そして、何といっても、この甲羅の中のミソが絶品なのです。

濃厚でネットリとした味は、上海蟹の特徴です。

初めて本場蘇州で食べましたが、日本のモクズガニとは比べものにならないくらいの美味しさ!
全く別物でした...





P_20171103_143430_vHDR_Auto-s.jpg

ボディも足の中も、しっかりとした身が詰まっています。

日本は蟹酢ですが、中国ではビネガーソースを漬けて食べるそうです。





「食べたいだけ食べて下さい!」

え!ええ!! 
ほんとに、いいんですか...

僕はズワイガニ食べ放題、45分8枚完食の記録を持つ、蟹食べ名人ですよ!(笑)


こうなりゃあ、食べるしかないでしょう!!

蟹が出てくる前に、他のつまみ食べすぎた...(涙)


3杯でギブアップでした。

それでも、正真正銘、本物の上海蟹を堪能しました。








P_20171103_162356_vHDR_Auto-s_2017111013490796b.jpg
蟹は港やお店でも、こうして活きたまま売られています。

一杯、50元から100元くらいだそうです。



まだまだ上海蟹ツアーは続きます...


スポンサーサイト

★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2017/11/10 13:57】 | 旅行・グルメ・お店・料理 | コメント欄へ(1)
<<■ なぜか上海! ■ | ホーム | ■ 無錫旅情 ■>>
コメントに関するお願い
  ◆訪問ありがとうございます。記念にメッセージをお願いします。
  ◆何でも自由に書いてくださいね。待ってますよ!
  ◆コメントは下記に該当する場合は削除する場合があります。ゴメンナサイ!
    ・著しい宣伝行為的なコメント
    ・個人や団体等を誹謗中傷する目的で書かれたコメント
    ・暴力的な表現で書かれたコメント
    ・公序良俗に反する表現・内容のコメント
    ・その他、FishOn@が不適当だと認めたコメント
  ◆過去記事にコメントいただいた場合は、お返事できない場合があります
    ので、ご了承下さい。
  ◆コメントはできるだけ新記事にお寄せくださるようお願い致します。
  -------------------------------------------------------
上海蟹食べてみたい!
甲羅の中のミソ、絶品でしょうね。
鶏の煮物も美味そうですね。
タニシは佐賀線の昇開橋を眺めながら、食べたことがございましてね。

口中に泡をふかせて、何度もなんども、写真をながめさせてもらい候。
・・・佐賀線の始発駅 瀬高駅の傍で生まれた銛魚でした。

美味しいものみると、幸せな気持ちになりますね。Many many thanks


【2017/11/14 04:18】 URL | 伊都国在住銛魚です #-[ 編集]
コメントの投稿欄 ( □ の中へご記入ください)














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
FishOn福岡

【FishOn福岡】を見てみる?
FishOn

QRコード

QR

プロフィール

バナー
【FishOn@です...】

  • 分類 オヤジ
  • 年齢 不詳?
  • 性別  ♂
  • 星座 乙女座
  • 生息 福岡市
  • エサ 芋焼酎
  • 特技 手品・料理
------------------------------
FishOn@にメールする

タイドグラフ

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
------------------------------

ネクタイ型紙ダウンロード

型紙をコピーしてシートに貼付カットすればOK 無駄なくネクタイが切り取れます。

ブログカウンター

最近の記事とコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ご案内

 【FishOn@ブログ】は日記のようで
  日記です。釣行記やグルメや焼酎
  のお話しから色んな話題を気まま
  に書いています。あしからず。

------------------------------
  • 釣場名は原則的に公開です。
  • 個人名や企業名等は非公開の場合もあります。
  • グルメレポートの味覚についてはFishOn@の勝手な感想です。
  • 画像はクリックすると拡大します。
  • FishOn@ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
  • 相互リンクはご希望に添えない場合があります。
------------------------------

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ