FC2ブログ
FishOn@ブログ

初落し込み釣り・初チヌ
taira1

前からお誘い頂いていた落し込み釣りの島原釣行に行ってきた。
初めは2月の19日(日)の予定だったのだが、急遽変更になり18日(土)の釣行となった。
いつもお世話になっている熊本新港の「秀月丸」さんに乗ると、これまたいつものお馴染みのメンバーが揃っている。
天候、晴れ、今朝の最低気温-0.4℃、風北の風1m、波0.5mと少し寒いが今の時期としてはまずまずのコンディションだ。
船も快調に熊本新港を出港して、一路島原半島を目指す。
GPSを見ると速力16ノット約1時間の航海だ。
昨年2月に爆釣したMさんも張り切っている。
島原半島の北にある多以良(たいら)港が見えてきた。
ここは有明フェリーの島原側のターミナルである。有明フェリーは熊本県の長洲港と長崎県の多以良港を40分で結ぶ。
切れ波止はフェリーが出入りする入り口に1本(南)と北側の地磯側に1本(北)あり、実績は断然南側にある。ちなみにMさんが爆したのも南である。
さすが、熊本の釣りクラブ「FFC熊本」のメンバーが殆どで何も言わずに瀬割り(どの波止に誰が乗るか)が決まっている。
まず秀月丸は北に付けた。さっそく2名が梯子を登り始めた。全員で7名だから引き算すると南は5名になってしまう。
とっさに「僕も降ります!」と僕も北に上がることにした。
干満の差が大きい有明海の防波堤はみな高い。
ここ多以良の切れ波止も干潮時は7mはある。中央に階段はあるのだがそれでも届かず海中まで梯子が伸びている。
北の切れ波止は幅約8m長さ約150mの一文字波止で、外側は升状に四角い穴の開いたスリットで内側は直立のケーソンで、内側中央付近に階段がある。
水深は満潮で6m位、干潮だと2.0m位だろう。
今日の潮は中潮、満潮は11:40頃だ。あまり潮は動いていないようだ。
タックルはXR-36/42にラインは3号ハリスは1.7号を1.5m、ハリは5号にガン玉は1号。
まずは今日はカニでゆっくり落としてスリット(桝)の際を探る作戦だ。
カニはK氏にお願いして熊本市内の釣具店で購入したものでイワガニの小から中の大きさだ。
いつもならカニは自分で確保するのだが、今の時期は水温が低くて、いつもの河口では採取困難な上、前日が飲み事だったので、甘えてしまった。
さっそく第一投。いつもこの瞬間が一番緊張する。
沖側の外向きに歩いていき、コバの5mほど手前から落とし始める。
まずハリス部分を沈めてラインを張り、ゆっくりと竿先を下げていきカニを落としていく。コバに向かって潮がゆっくりと右に流れている。
着底したら一度カニを30cmほど飛ばして誘ってみる。
アタリ無し。この時期ならエサ盗りも居ないので当然のことだが、全神経をラインと手のひらに集中してアタリを待つ。
それにしても寒い。手がかじかみそうだ。
空いた方の手は交代でポケットの中で暖を取る。
2投目はコバに目がけて2m程手前から落とし込む。
僕の頭の中ではカニがコバの角を回った瞬間にススッ~とラインが走って52cmが釣れる予定である。
しかし何の変化もなくコバから更にラインは離れてしまい、カニは底を引きずられて竿先がカツカツと叩いている。
さっそく巻き上げて移動。
今度は最初落とした所より3mほど中央寄りに落としてみる。
そして今度はマスの穴の前で一度カニを止めて、カニが潮に引き込まれるか払い出されるか様子を見ることにした。
するとコツン!と、はっきりとしたアタリだ。「居るぞ!チヌだ!」
すかさず竿先を送ってみるとラインがフワフワっと揺れている。「喰ってる!」
バシ!っとアワセを入れた。ガッチリと乗った。
数回の締め込みの後、升に入られることもなくタモに収まった。
ははは...やった。やった。
初アタリで初チヌ。メジャーを当てると50cmには足りないが48cmは超えている。
さっそくK氏にお願いして記念撮影。
taira2


ちょうどその時、携帯が鳴りだしてK氏に電話連絡が入り南でも1枚釣れたそうである。
時合いだ。ゆっくりしてはいられない。
魚をストリンガーに繋ぎ、ハリスを点検して釣り再開。
何故か一枚釣ると身体も温まる。今度は中央付近に落として見る。
中層狙いが効果的と判ったので、もう一度同じ手口で升の穴の前でカニを止めてアタリを待つ。数秒待ってアタリが無ければ底まで落とす。カニがしがみついたらカニを飛ばす。
この一連の動作の繰り返しだ。
そうしていると数回目にまたきた。
今度は小さそうだ。やはり30cmちょいのメイタだ。
ヒレが傷ついていたのでリリース。
そうしていると潮が変わった。北側からまともに潮が当たってきてスリットの中へ突っ込んでいる。底付近は逆に沖に払い出すという2枚潮になって釣りづらい。更に当たり潮は強くなり、ガン玉をBそして2B・3Bに替えても際をキープ出来なくなった。
そこで気分を変えようと朝食を取り、今度はオモリを軽くしてBにして升の中へ巻き込む潮に任せて一度送り込み、升の中からカニを引き出すようにしながら誘ってみる。
カニが升の中の何処かにへばりつき、ハリスも擦れているのがわかる。
そこから50cm程そっと竿先を沖に引き出すように操作する。そして緩める。カニを何とか升の出口付近に誘導する。出てしまうと沖に流されるので3回に一回くらいしか満足いく操作はできていない。
その中でハッキリとした”カン”そして”グーっ”と押さえてきた。「やった来た!」作戦成功!これも40cmオーバーだった。
その後アタリは止まったが、潮が少し緩み、そして満潮の潮止まりに内側のコバ付近で粘っていたK氏に強烈なアタリ。
見事な50cmオーバーを追加した。
13時には納竿となり船へ乗り込むと、南側でも型のいいチヌが2枚釣れていた。
数こそ出なかったものの今後の乗っ込みのいい予感は掴めた釣行だった。

【渡船・釣況】秀月丸 TEL:090-5083-4649

taira

スポンサーサイト




★訪問ありがとうございます。 ご感想・ご意見など何でも、よろしければコメントをお願いいたします。★ 

テーマ:釣り日記 - ジャンル:日記

【2006/02/19 00:05】 | チヌ(落し込み)釣り | コメント欄へ(2)
<<何故か美味しい! 「びっくり亭」 | ホーム | 待ちに待った物が届きました。>>
コメントに関するお願い
  ◆訪問ありがとうございます。記念にメッセージをお願いします。
  ◆何でも自由に書いてくださいね。待ってますよ!
  ◆コメントは下記に該当する場合は削除する場合があります。ゴメンナサイ!
    ・著しい宣伝行為的なコメント
    ・個人や団体等を誹謗中傷する目的で書かれたコメント
    ・暴力的な表現で書かれたコメント
    ・公序良俗に反する表現・内容のコメント
    ・その他、FishOn@が不適当だと認めたコメント
  ◆過去記事にコメントいただいた場合は、お返事できない場合があります
    ので、ご了承下さい。
  ◆コメントはできるだけ新記事にお寄せくださるようお願い致します。
  -------------------------------------------------------

次は川内...
リアルな釣行記はほんと久しぶりです。
だって釣ってないんですもの(笑)
ではご要望にお応えして次回も釣行記書けるように頑張りま~す。
【2006/02/21 10:00】 URL | FishOn@ #-[ 編集]
参考になります!!
細かい釣行記を書かれるのは、久しぶりではないでしょうか??
雑誌では見ていましたが、リアルタイムな釣行記は大変参考になります。
私たちの波止では、スリットに入る流れが出来るのはフェリーの影響で出来る潮の動きだけでなかなか操作できずにいました。
ブログを読んで、ひとつやっていない事がありました。フェリーの引かれ潮でスリットに入れ誘い出す?事、次回は、ラインの擦れもありますがやって見ます。
PS.川内は、行こうと思っています。仕事の調整次第ですが、水曜にははっきりさせます。
【2006/02/20 21:13】 URL | まっつん #Ameeps6k[ 編集]
コメントの投稿欄 ( □ の中へご記入ください)














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
FishOn福岡

【FishOn福岡】を見てみる?
FishOn

QRコード

QR

プロフィール

バナー
【FishOn@です...】

  • 分類 オヤジ
  • 年齢 不詳?
  • 性別  ♂
  • 星座 乙女座
  • 生息 福岡市
  • エサ 芋焼酎
  • 特技 手品・料理
------------------------------
FishOn@にメールする

タイドグラフ

カレンダー

03 ≪│2020/04│≫ 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
------------------------------

ネクタイ型紙ダウンロード

型紙をコピーしてシートに貼付カットすればOK 無駄なくネクタイが切り取れます。

ブログカウンター

最近の記事とコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ご案内

 【FishOn@ブログ】は日記のようで
  日記です。釣行記やグルメや焼酎
  のお話しから色んな話題を気まま
  に書いています。あしからず。

------------------------------
  • 釣場名は原則的に公開です。
  • 個人名や企業名等は非公開の場合もあります。
  • グルメレポートの味覚についてはFishOn@の勝手な感想です。
  • 画像はクリックすると拡大します。
  • FishOn@ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
  • 相互リンクはご希望に添えない場合があります。
------------------------------

Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ